◆ 鋼錬文庫
分野検索 [ アルフォンス×エドワード ]:4件
【No.1 〜 No.4】新着順 / 1 [バナー][キーワード][分野]

◆No.1 繋ぐ約束 39
http://plaza.rakuten.co.jp/yumenohatede/ (2006/06/13)
[小説] [長編] [連載] [エドワード・エルリック] [アルフォンス・エルリック] [ロイ・マスタング] [マース・ヒューズ] [ジャン・ハボック] [ハイマンス・ブレダ] [ヴァトー・ファルマン] [ケイン・フュリー] [エンヴィー] [その他男性キャラ] [リザ・ホークアイ] [ウィンリィ・ロックベル] [イズミ・カーティス] [ラスト] [その他女性キャラ] [男性×男性] [アルフォンス×エドワード] [BL] [女性向け] [せつない] [ほのぼの] [恋愛] [ギャグ] [痛い] [パラレル] [三角関係] [悲恋]

[Keys] アニメ 最終回 約束 夢 愛 世界 人間 鋼 無限
アニメ最終回後のパラレル小説。

 「・・お前も動くのだろうな、『怠惰』。」

 「お前は、羨ましかったんだな。エンヴィー」

 「・・『エドワード・ハイデリヒ』って知ってるか・・?」

 「罪であり、異端であり、試作品である唯一の証明。禍々(まがまが)しい欲望の象徴。愚者により生を受けた偽物の烙印。」

 「その人のことを凄く愛していたからだよ。」

 「あんたの技術、とことん利用させてもらう」


 何でも欲しいモノが手に入るとしたら、嬉しいでしょう?

 だったら ほら、その手を

 痛ましいほどの赤で飾って

 天上の神を踏み台にしましょう。

*・・・完全シリアスとかではありません。むしろギャグが多めです。でも、そろそろ痛い感じになりそうです;(ただいま8章嫉妬編完までUPし終えましたっ)
 まだまだ続いてしまいます;(あと3分の1ほど・・?)←根拠は全く無いのですが。
◆No.2 ミュンヘン-1922- 143
http://minato.quu.cc/ (2006/03/09)
[小説] [長編] [連載] [シリーズ] [エドワード・エルリック] [その他男性キャラ] [男性×女性] [アルフォンス×エドワード] [女性向け] [せつない] [シリアス] [恋愛] [痛い] [悲恋] [女体化]

[Keys]
【入室方法】トップ→「鋼の錬金術師」コンテンツ→作品
【直接入室】http://www.denpan.org/book/DP-1993-61e2-1/
ハイデリヒ×エド子小説。
『劇場版・鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者〜』の二次創作ラブストーリー。
「ミュンヘン−1921−」の続編で、連載中。
劇場版から約1年前のお話で、エドワードとハイデリヒの同居生活が主。
想いを通わせ合った二人だったが、ふとしたことにより、再びすれ違ってしまう精神的イタイ系。
◆No.3 ミュンヘン-1921- 76
http://minato.quu.cc/ (2006/03/09)
[小説] [長編] [シリーズ] [エドワード・エルリック] [その他男性キャラ] [男性×女性] [アルフォンス×エドワード] [女性向け] [せつない] [恋愛] [悲恋] [女体化]

[Keys] ハイ×エド ハイ×エド子 ミュンヘン
【入室方法】トップ→「鋼の錬金術師」コンテンツ→作品
【直接入室】http://www.denpan.org/book/DP-1993-549e-1/
ハイデリヒ×エド子小説。
『劇場版・鋼の錬金術師〜シャンバラを征く者〜』の二次創作で、ラブストーリーです。
劇場版から約2年前の設定で、エドがハイデリヒと同じアパートに下宿し始めた頃からスタートしています。
◆No.4 鋼家族 3
http://homepage2.nifty.com/umetubo/ (2006/03/01)
[小説] [シリーズ] [エドワード・エルリック] [アルフォンス・エルリック] [ロイ・マスタング] [リザ・ホークアイ] [ウィンリィ・ロックベル] [その他女性キャラ] [男性×女性] [ロイ×ホークアイ] [アルフォンス×エドワード] [ラブラブ] [ほのぼの] [恋愛] [コメディ] [パラレル] [ハッピーエンド]

[Keys] ノーア
父・ロイ、母・リザ、長女にウィンリィ、そして年子のエドワードにアルフォンスという【鋼家族】。
一人一人持ってる心で、互いを支えあう人たちであってほしいです。
何気ない幸せ、をテーマにシリーズ。
エドワードとノーアの話も計画中。
TOP→企画家族パラレルor ss(ブログ)

以下サンプル
+「どうしてお母さんとお父さんは結婚したの?」(三姉弟の疑問。)
+父の手にひかれる。懐かしい、父さんと手をつなぐのって何年ぶりかな。昔はいつも繋いでたのに。(ロイとウィンリィ)
+それから、殊更に彼は私を大切に扱った。私を無条件に甘やかした。(リザママの心境)
+「冷めるんだ。僕の求めていたものってこんな簡単に手に入っちゃうの?って感じで」
僕って高嶺の花が好きなのかなぁ。
あまりの言い草に、エドワードが言う言葉は一つ。
「…お前、父さんのこと悪く言えない」
(兄さんと、末っ子甘えたちゃんのアルフォンスの、女の子の好みについて)


【No.1 〜 No.4】新着順 / 1
Powered by T-BookmarkPlus Reversion